×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

LED電球とLED照明で我が家の簡単節電対策

光熱費削減で失敗のないLED電球の選び方と各メーカーのLED製品を徹底分析
LED電球TOP

節電とLED電球の必要性



LED 節電 震災による影響で節電が叫ばれていることもあって、これまで主流だった白熱灯よりも、大幅に節電効果が見込めるLED電球の必要性がますます高まっています。家庭の光熱費で、照明器具の割合は上位にランクインしていて、その割合は16%以上ともいわれているんですよ。

したがって、使用頻度の高い照明をLED電球に取り替えることで、消費電力のベースダウンが可能になります。LED電球にはさまざまな種類がありますが、人気の高い電球色タイプや、一般的なE26口金タイプの需要が高いようです。

最近では、LED電球の低価格化もかなり進んできていますが、まだまだ白熱灯や電球型蛍光灯よりは高価なので、購入にあたっては価格を気にする方も多いので、性能や品質だけでなく、コストとの兼ね合いが重要になってきます。


放熱フィンがないシンプルなデザインで、白熱灯に比べると全長が長め。60(外径)×113(長さ)ミリ、重量は120グラム。赤いパッケージが電球色の「LDA8L」となる

LED 節電 2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響を受け、東京電力は14日より「計画停電」を実施しました。これからも交通機関などを始めとして、電力需要と供給のバランスの調整は続きます。

そこで家庭での消費電力を抑える節電対策として、今からすぐにでも始められるのが、家庭の電力消費で多く使われている照明器具の省エネ化ではないでしょうか。

照明器具での節電ポイントは、明るくなったら玄関先の外灯をすぐ消したり、日中はできるだけ消灯したり、こまめにスイッチを落としたりすることと、もう一つは、消費電力が蛍光灯や白熱灯よりも少ないLED電球などのエコ電球を使用することです。

照明器具の省エネについては、これまで蛍光灯と白熱灯の比較をしてきたわけですが、LED電球の登場によって、今までの電球の概念は完全に変わろうとしています。

なぜなら、LEDは消費電力が極めて少ないことから、家計に優しいのみならず、温室効果ガス(CO2)の削減、そして今回の節電にもつながると脚光を浴びているからです。





LED電球の選び方

LED電球を徹底比較

LED電球で省エネ




パナソニックのLED電球をもっとみてみる⇒








東芝のLED電球をもっとみてみる⇒



LED電球をもっとみてみる⇒



LEDランタンをもっとみてみる⇒



LED懐中電灯をもっとみてみる⇒



LEDライトをもっとみてみる⇒

LED電球をタイプで選ぶ




一般電球タイプをもっとみてみる⇒





スタンダードタイプをもっとみてみる⇒



電球色タイプをもっとみてみる⇒



昼光色タイプをもっとみてみる⇒



昼白色タイプをもっとみてみる⇒

Copyright(C)2011 LED電球とLED照明で我が家の簡単節電対策 All Rights Reserved.